【ポケモン危機一髪】プテラギガイアス軸スイッチトリパ【無敗1800】

f:id:delicious_stick:20170801183224p:plain

 

<このルール何?>

Pokemon Global Linkで7/28~7/31のおよそ3日間に渡って開催された大会です。

縛りとしては以下の2点。

①弱点が5つ以上あるポケモンのみ参加可 ②持ち物は半減実or弱点保険のみ

この謎の縛りと使用可能なポケモンを見た瞬間ものすごいクソゲーがして、

逆に興味を惹かれたので参加してみました。

 

<構築の経緯>

使用可能なポケモン一覧を見たとき、高速低耐久なポケモンが多いことに気付く

それならトリックルーム軸で構築を組んでみよう

f:id:delicious_stick:20170801184421p:plainf:id:delicious_stick:20170801184533p:plain

 

トリラーの弱点の多さやサポート手段の不足を考えると安定してトリルを貼るのは厳しそう

初動は高速アタッカー軸で攻めて試合後半にスイッチする動きの方がやりやすそうだ

f:id:delicious_stick:20170801185018p:plainf:id:delicious_stick:20170801185125p:plainf:id:delicious_stick:20170801185239p:plainf:id:delicious_stick:20160121003614p:plain

~完成~

 

<個別解説>

ギガイアス@リンドのみ

f:id:delicious_stick:20170801185620g:plain

勇敢H244,A252,D12

HP16-1n調整、最遅

 

構築の起点。トリル下でのメインアタッカーとして採用しました。

他にはダダリンドサイドンなども候補に挙がっていましたが、

 ①鈍い+全体技でトリル下において高い制圧力を期待できる

 ②貴重な高火力鋼技使い

 ③防御特防ともに数値が高く、並大抵の攻撃では倒されない

この3つの長所を評価して採用に踏み切りました。

特に鋼技は鋼タイプが一匹もいないこともあり、半減実を持つ相手も居らずかなり一貫していました。

持ち物はこのポケモンを一撃で倒してくる可能性のあるブルルを意識してのもの。

やたら草技を撃たれる機会が多かったのでこの選択で正解だったと思います。

ワイドガード相手の雪崩でハゲるのが嫌だったため採用しました。

そこそこ使いましたが、怯み回避目的で使う機会は殆どありませんでした。この枠は守るで良かったです。

その他の使用感は全体的にほぼ期待通りでした。

 

・ヤドラン@ナモのみ

f:id:delicious_stick:20170801194939g:plain

呑気 最遅、硬い

 

トリル始動役。

ギガイアスが格闘や地面に打点が薄いため、これらのポケモンに強いトリラーとして選択しました。

最後に残った技枠はいやしのはどうを選択。なまけるで自身が回復するより、横に立っているギガイアスが回復したほうが鈍いとのシナジーもあり良いだろうとの判断からでした。

特性は、このポケモンの特性を知らないにわかに挑発を撃たれてハゲるのが嫌という理由から鈍感を選びました。結局挑発を撃たれる場面など一度もなかったので再生力にするべきでした。

 

実際に運用してみた結果ですが、めちゃくちゃ強かったです。

特にいやしのはどう。ヤドランとギガイアスを並べたときにほとんどの相手がギガイアスを攻撃してきたため、その直後にいやしのはどうで絶望の淵に叩き落してやりました。

またトリルターン稼ぎに守ってくることも多く、その間にアドを稼ぐケースも多かったです。

運負けの危機に晒されたときにこうした動きから4体倒して逆転勝利というのも2度ほどありました。

 

あと何度も上からエアスラや雪崩、悪の波動を撃たれたものの、一度もひるむことはありませんでした。

間違いなく今回の大会でのMVP。

 

プテラ@ヤチェのみ

f:id:delicious_stick:20170801202645g:plain

陽気H108,A148,S252

テッカニンのいのちがけ耐え

 

このルールの覇者にして、このルールが毛髪に悪い原因

高い素早さやS操作手段により安定した先発枠。実際全ての試合において先発で選出しました。

この素早さからの岩雪崩と怯み効果、このルールを根幹から破壊する特性と下馬評通りの強さでした。

HP調整ですが、テッカニンのいのちがけ相手にハゲるのが嫌という理由で施しました。

このポケモン自体あまり火力を追求するタイプではないため、Aを削ってでもやる価値はあると判断しました。

おまけでシザリガーアクアジェットも確定耐えになりお得な調整です。

実際に一度いのちがけを撃たれて耐えました。調整してよかったです。

 

戦犯1号。同速ゲーはほとんど負けるし急所もらうし雪崩は外しまくるし散々。

相手のプテラがフリーフォールの同速ゲーで無限にこちらの岩雪崩を避けていくのは犯罪

 

ゲッコウガ@ヨプのみ

f:id:delicious_stick:20170801205520g:plain

無邪気ASぶっぱ

 

この大会のレギュレーション違反ポケモン

プテラの緊張感と合わせて多くの相手を縛りにいきます。

技は龍や草相手に安定した打点として冷凍ビーム、テラキオン等を縛るためのけたぐりをまず選択。

冷凍ビームの枠は水手裏剣にしてキノガッサと合わせてプテラを縛りに行っても良かった気がします。

ダストシュートについてですが、命中80の技が大嫌いな自分はできれば採用したくありませんでしたが、このルールでの毒技の強さを考えると切るわけにはいきませんでした。

トゲキッスエルフーンカプ・ブルルなどを一撃で倒すことができ強力です。

また毒タイプに変化できるのが強力で、格闘技やフェアリー技を耐えることが出来るのが利点です。

 

戦犯2号。闇落ちの原因。

普段は期待以上にダストシュートは当ててくれましたが、肝心な場面に限って外しまくりました。

あとヨプが発動したにも関わらず急所で一撃ダウンなんて場面もありました。

 

キノガッサ@ロゼルのみ

f:id:delicious_stick:20170801211610g:plain

意地っ張りH156,A252,S100

4振り80族抜き抜き、追い風下プテラ抜き

 

ここから補完枠。

水タイプや岩タイプへの打点、ガチトリパへの圧力、強力な先制技などを求めて採用。 

素早さの数値が極端なポケモンが多いこの環境において素早さ種族値70というのはかなり中途半端ですが、

追い風とトリルを交えるこの構築においてはこの中途半端さがむしろかなりのシナジーを発揮していました。

特に準速や最速にするメリットもないので、素早さは必要な分だけ振り残りは耐久に振りました。

持ち物のロゼルは腐っていたので、相手のヤドランに対して安定して出せるようウタンを持たせるべきでした。

 

ラティオスじゃくてんほけん

f:id:delicious_stick:20141119162958g:plain

臆病CSぶっぱ

 

めざめるパワー毒の個体。

甘えたエルテラ+ブルルを絶対に許してはいけないと判断したため採用。

持ち物は余った弱点保険を宛がいました。

全体技があるわけでもなくシナジーは微妙ですが、持たせたい半減実もないのでこれでいいと思います。

 

肝心の選出率ですが、圧倒的最下位

かなり多いと予想していたエルテラが全くと言っていいほどいませんでした。

他の人は結構マッチングしたらしいのでマッチング運が悪かったのか・・

あとSが足りない、龍+超という範囲では相手の弱点を突きづらいというのも選出を渋った原因。

わざわざブラック2を周回して確保した個体だったのでこの結果はちょっと悲しかったです。

 

<雑感とか戦績とか>

開幕22連勝、無敗で1800に乗りました。

別に運が良いわけでもなく、むしろ何度も運負けの危機に陥ってこの連勝なので自信持てる戦績だと思います。

しかし1戦勝利した次の24戦目、1860のカプブルル相手にダストシュートを外し壊滅。

そこから少しレートを上げたものの、疲労が祟ったのか敗北を重ねずるずるレートを溶かしました。

最後の方は持ち直したものの最終戦で100下に敗北し終了。

最終的な戦績は37勝8敗でした。瞬間最高レートは1853、最終レートは1830くらいだと思います。

 

構築の欠陥としてはダダリンワルビアルが致命的に重いです。

特にダダリンには2回マッチングして2回ともなすすべなく敗北しました。

ラティオスの枠をマニューラあたりにしておけば良かったです。

 

とにかく命中不安と同速ゲーに悩まされ続けたゲームでした。

何度も禿げあがるかと思いました。伊達に危機一を名乗っているわけではないですね!

 

追記 8/4

f:id:delicious_stick:20170804213602p:plain

絶対無理だと思ってましたがギリギリ1ページ目には入れました。

 

<おまけ> 

 

f:id:delicious_stick:20170801222004p:plain

f:id:delicious_stick:20170801222044p:plain

 

黒ひげ危機一パツのパツはのほうですよ!

【単体考察記事】HDチョッキカミツルギ【WCS2017】

どうもご無沙汰しています。7世代になって初の記事です。

ROMの方はバンクが解禁されるまで育成を始める気が沸かず、一か月くらい放置しています。

早く6Vメタモンを使わせてください(切実)

 

f:id:delicious_stick:20161222193013p:plain

で、今回の記事のテーマはこのポケモン、カミツルギ。

サン限定の準伝説枠のポケモンで、1ROMにつき4匹まで入手することができます。

巷でこのポケモンの評価を見ると「こんなにたくさん要らねぇ」とか「GTSに流した」などと手に余らせているトレーナーが多い様子。

一方でその入手のし易さからボックスを全てカミツルギで埋めてみた人がいるなんて話も。

こんな具合に複数の型が育成されることもなくとにかく大安売りされているこのカミツルギというポケモン

しかしもうちょっと考察の余地があるんじゃないの?て思ったので記事にすることにしました。

 

続きを読む

ジャパンカップ2016

f:id:delicious_stick:20160502120115p:plain

スペシャルレートでこの最強構築回して1890まで行ったのでJCSもこれで余裕だろ~とか思ってたら無理でした。

来年がんばります。

【ORAS】ウルガモス入り【全国ダブル】

f:id:delicious_stick:20141021123953g:plainf:id:delicious_stick:20141021124018g:plain

f:id:delicious_stick:20150505134315g:plainf:id:delicious_stick:20150505135541g:plain

f:id:delicious_stick:20160121001725g:plainf:id:delicious_stick:20160121001750g:plain

 持ち物技1技2技3技4特性
ガルーラ ガルーラナイト やつあたり ふいうち けたぐり ねこだまし せいしんりょく→おやこあい
キリキザン いのちのたま ふいうち はたきおとす アイアンヘッド まもる まけんき
ボルトロス オボンのみ 10まんボルト でんじは ちょうはつ まもる いたずらごころ
ランドロス こだわりスカーフ じしん いわなだれ ばかぢから とんぼがえり いかく
ミロカロス たべのこし ねっとう れいとうビーム じこさいせい まもる かちき
ウルガモス ラムのみ ねっぷう ギガドレイン ちょうのまい まもる

ほのおのからだ

ご無沙汰しています。

 

<構築の経緯>

なんか諸事情でダブルのエキシビジョンに出ることになったので強い構築が必要になった。

それならこの構築を今の環境でも使えるようにアレンジして使おう!

構築の最大の欠点としてフェアリー(特にトリル下のニンフィア)とキリキザンに滅茶苦茶弱い

どう考えてもf:id:delicious_stick:20160121003614p:plainの枠が悪いので、f:id:delicious_stick:20160121003614p:plainの役割であるバレル処理やボルト処理が出来、フェアリー技に耐性があり、特殊耐久が高く、それでいてキリキザンにも強く出られるポケモンを探そう!

ってそんなポケモンいるわけが・・

f:id:delicious_stick:20160121004334p:plainいた

あとは環境に合わせたり先駆者を参考にしたりしながら他の面々を修正して完成

 

<個別解説>

・ガルーラ@ガルーラナイト

f:id:delicious_stick:20141021123953g:plain

陽気ASぶっぱ

 

いつもの。ブログに乗せるのはこいつばっかりだが裏では他のメガも使っている。

当初は意地HAベースで使っていたが、諸事情でS操作が貧弱になったこととミラーでストレスを溜めまくったことを理由に結局いつもの最速に。

敵を一撃で倒すことより攻撃を耐えつつ削り役としての仕事をこなして欲しいのでメインウェポンは捨て身ではなくやつあたりを選んだ。

キリキザンと一緒に低耐久のポケモンを不意打ちでハメ殺したりする。

特性がせいしんりょくなのはルンパッパが増えているため。きもったまでも動かしたがどちらでも良いと思う。

 

キリキザン@いのちのたま

f:id:delicious_stick:20141021124018g:plain

意地っ張りASぶっぱ

 

ランドロスを養分にする枠その1

ORAS初期に激増したと思ったらいつの間にか激減した生物。

その理由は分からないが使ってみると相変わらず強い。

この構築だとこいつをどれほど選出できるか&うまく動かせるかが勝負に大きく影響する。

そのため丁寧に扱うこともあれば無茶苦茶な動かし方をする事も。そのせいで毎試合ハゲそうでした

 主な役割はランドロスや雨アタッカー(ほぼルンパ)の始末。

特にランドロスは構築的に死ぬほど呼びこむのでこいつで積極的に養分にしていく。

 

ボルトロス@オボンのみ

f:id:delicious_stick:20150505134315g:plain

穏やかHDベース

 

そのまま流用したやつ。選出率は構築内最下位。

雨パやマンダ入りの構築に投げて電磁波で嫌がらせする。

威張るはクソだと信じているのでまもるの枠は譲らない。

 

ランドロス@こだわりスカーフ

f:id:delicious_stick:20150505135541g:plain

意地っ張りASぶっぱ

 

テンプレofテンプレ。

前の構築ではヤチェだったが構築内のS操作が貧相になったのと前の構築と違い相手のスカーフランドがかなり辛くなったためこちらもスカーフに。

ウルガモスのサポートという役割も持っているため選出率は非常に高い。ガルーラを除き構築内トップ

岩雪崩は当たらない

 

ミロカロス@たべのこし

f:id:delicious_stick:20160121001725g:plain

図太いHBベース

細かい調整は失念

 

ランドロスを養分にする枠その2

当初この枠はスイクンで使ったが、余りにも環境に合わなかったのでボックスで眠っていたこいつを引っ張り出してきた。

持ち物はタラプや防塵ゴーグルなど二転三転したが微妙に足りない耐久を補える残飯に落ち着いた。

氷技は冷凍ビームと凍える風の2択だが、S操作はボルトロスの電磁波で事足りる点、少しでもモロバレルへの打点として使える点、ランドロスボーマンダを確実に処理したい点を考慮し冷凍ビームを採用。

用途は主にヒードラン潰しや威嚇ポケモン(特にランドロス)への牽制。雨パに対してクッションとして投げたりもした。耐久が高いのでとりあえず投げておくと安定する。

 

ウルガモス@ラムのみ

f:id:delicious_stick:20160121001750g:plain

控えめHBベース

H244.B148.C36.D4.S76

意地っ張りガルーラの恩返し耐え、蝶の舞1積みで125族抜き、C11n

 

5世代の化身ラティオスの代わりに採用された5世代の化身。

調整はこちらを参考にしつつ少々いじったもの。

期待を遥かに上回る活躍をしてくれたまさにエース。

耐久力が意外と高く、威嚇を入れれば役割対象のニンフィアはもちろんガルーラさえも起点にする。殴ってきたガルーラは特性で火傷の刑。

また持ち物のラムがとにかく偉く、電磁波を撒いてきたり苦し紛れに威張ってきたりするボルトロスを幾度も餌にしてきた。ウルガモスを使うならラム一択だと思う。

岩技を降らせてくるf:id:delicious_stick:20160121012535p:plainは無理なのでミロやキザンに任せるか交代を読んで熱風で負担を与える。

 

<雑感とか実績とか>

f:id:delicious_stick:20160121013201j:plain

シーズン13に回して最高レートは1968。最高順位は2位。

自分のORASレートで最も良い順位だった。

しかしその後レート2000を目指した結果闇落ち。

このシーズンは全体的にレートがかなりデフレ気味だったので、このレートを維持していれば最終1ページ目には残れた。悔しい。

とりあえずそれくらいの戦績を残せる構築であった。

 

この構築で重い並びはガモスが無理な相手+モロバレル

特にきついのは雨パ+バレルとバンギバレル、マンダバレル

とにかくモロバレルがきつい。脳内でバレルの対策を考えるといくら殴っても死なない無敵生物に思えるくらい。

このキノコ本当に頭おかしいと思う。

 

あと、先ほどちらっと言及したエキシビジョンはなんとか勝てました

 

<追記 9/19>

f:id:delicious_stick:20160919182829p:plain

ORASレート終了間際にこの構築のキザンを眼鏡ニンフに変えた構築で潜って、

ORAS環境で全然たどり着けなかったレート2000にようやく到達できました。

これからサンムーン発売で新しい環境になりますがそちらでもよろしくお願いします。では・。・ノシ

【ORAS】ジャパンカップ2015使用構築

f:id:delicious_stick:20150505131401p:plain

テーマ:ボルトランドはつよい

 

<個別解説>

f:id:delicious_stick:20141021123953g:plain

ガルーラガルーラナイト

陽気ASぶっぱ

 

よくいる普通のガルーラ

ボルトロスで電磁波撒いた後に上から頭イカれた火力をぶつけていく。

悪技がないがよくいる霊(特にギルガルド)に強い駒が多いので困ることはなかった。

 

f:id:delicious_stick:20141021124018g:plain

キリキザン@いのちのたま

意地っ張りASぶっぱ

 

威嚇牽制やそこそこいるであろうクレセに対する圧力として採用。

みんなこいつみたいな択ゲーマンを使いたくないのか、ジャパンカップだとあまり見なかった。

 

f:id:delicious_stick:20141021124135g:plain

スイクン@たべのこし

図太いHBベース

調整:追い風下で意地スカーフランド抜き、冷ビで無振りランド確1

 

ランドロスヒードラン、砂パの対策になりS操作できる駒。

ボルトロスで電磁波が撒けそうにない相手にはこいつで追い風しながら戦う。

持ち物で悩んだが、残飯を持たせてみたところ場持ちが良くなった上に詰め性能が高まって優秀だった。

最近キザンの不意打ち耐えのランドロスが多いのでもう少しだけCに振ったほうが良かったかも。

 

f:id:delicious_stick:20141119162958g:plain

ラティオス@こだわりメガネ

臆病CSぶっぱ

 

最近モロバレルにコテンパンにされることが多くてブチギレた結果採用されたポケモン

ガルーラニンフィアなどのメジャーなポケモンに滅法弱いので選出機会は控えめ。

しかしリザやサンダーなど刺さる相手も多く出したときはそれなりに活躍してくれた。

サイキネの通りが良すぎてジャパンカップ中にサイキネ以外の技を打つことは1度もなかった。

 

f:id:delicious_stick:20150505134315g:plain

ボルトロス@オボンのみ

穏やかHDベース

調整:霊獣ランドの岩雪崩をオボン込2耐え、控えめサザンの眼鏡流星群耐え※、最速70族抜き

 

電磁波や挑発を撒いて他のポケモンをサポートする役割。

ゲッコウガとかの低耐久高速ポケモンが多くて電磁波がだいぶ刺さっていた。

めざ氷個体だが先発で相手の場を荒らす役割のため、めざパは持たせずに猫騙しを防げる守るを持たせた。

Hの個体値が足りないせいでサザンの流星群を確定耐えにできない。

 

f:id:delicious_stick:20150505135541g:plain

ランドロス@ヤチェのみ

意地っ張りASぶっぱ

 

特性と耐性が優秀で、高火力の範囲技を放つことができるメガを除けば紛れも無くダブル最強のポケモン

ボルトロスで電磁波を打ってSのサポートをしながら地震で相手の場を荒らしていくのが基本の動きとなる。

この最強のポケモンを使ってみたところ、

なぜか岩雪崩を打った後にヒードランが悠長に突っ張って地震で沈むことが多いし、

なぜかヤチェのケアをせずにめざパ打った後雪崩で殺されるサンダーが多いし

なぜか守るのケアをせずに集中砲火を重ねてくる相手が多かった。

持ち物のケアは大事。

 

<結果>

最終レート:1799

勝率:26勝4敗

 

最初サブロムでこの構築を使った結果爆死し、懲りずに本ロムでもこの構築を使ったところ9勝4敗という中途半端な状況になり「これは終わったかなー」とか思ったらそこからまさかの17連勝を決めてこの結果に。

道中ドランのオバヒを避けたり猫の手ダクホを回避+即起きしたり等々非常に運が良かったので、実力の結果かというとだいぶ怪しいところがあったりする。

3日目でこのレートになったので最終日は一切潜らずに他のJC勢の阿鼻叫喚を眺めていた。

ボーダーが1800前後という噂が立っていて不安ではあるけど、予選を抜けられていることに期待したい。

【XY】シーズン6スペシャルレート使用構築

f:id:delicious_stick:20141119162918g:plainf:id:delicious_stick:20141119162940g:plain

f:id:delicious_stick:20141119162958g:plainf:id:delicious_stick:20141119163037g:plain

f:id:delicious_stick:20141119163056g:plainf:id:delicious_stick:20141119163019g:plain

 

 持ち物技1技2技3技4特性
フシギバナ フシギバナイト ギガドレイン ヘドロばくだん ねむりごな こうごうせい しんりょく→あついしぼう
サンダー たべのこし 10まんボルト ねっぷう おいかぜ はねやすめ プレッシャー
ラティオス こだわりメガネ りゅうせいぐん サイコキネシス エナジーボール トリック ふゆう
ドリュウズ こだわりスカーフ じしん アイアンヘッド いわなだれ ドリルライナー すなのちから
ウインディ いのちのたま フレアドライブ インファイト しんそく まもる いかく
マリルリ オボンのみ じゃれつく たきのぼり アクアジェット まもる ちからもち

 

 <個別解説>

フシギバナフシギバナイト

f:id:delicious_stick:20141119162918g:plain

穏やかHDベース

調整:臆病ラティの眼鏡サイキネ耐え、準速50族抜き、残りB

 

この構築の原点。

KP上位のマリルリやサンダー、雨パなどの面々に刺さると思いメガ枠を割いて採用。

だいたい想定通りの動きをしてくれたと思う。

ただし耐久力はそれ程なかったし、仮想敵のサンダーはタイマンだと打ち負ける。

眠り粉が苦手な相手の動きを封じることができたりして便利だった。

 

サンダー@たべのこし

f:id:delicious_stick:20141119162940g:plain

穏やかHDベース

調整:控えめサザンの眼鏡流星耐え、最速70族抜き

 

スペシャルのスタンパはこいつを入れないことには始まらない。

S操作が出来る、耐久力は高い、攻撃範囲は広いと弱い要素がまったくなかった。

持ち物は元々オボンだったが、マリルリに取られたので残飯にしたらなかなかいい感じになった。

 

ラティオス@こだわりメガネ

f:id:delicious_stick:20141119162958g:plain

臆病CSぶっぱ

 

サンダーやテラキオンに強い+浮いている+速いという条件をクリアして入ってきたポケモン

バナやサンダーが耐久振りで特殊アタッカーとして火力不足なため持ち物はメガネ。

フェアリーや鋼が多くて龍技が一貫しないのと、流星のC段階下降が嫌だったのでサイキネばかり打っていた。

構築全体として耐久型のポケモンの処理が怠いのでトリックを持たせている。

 

ドリュウズ@こだわりスカーフ

f:id:delicious_stick:20141119163037g:plain

意地っ張りASぶっぱ

 

鋼枠かつ物理高速アタッカーとして採用。

鋼技と地面技の通りがよくて大活躍だった。間違いなくこの構築のMVP。

構築としてサナと鋼(特にグロス)を非常によく呼ぶのでよくこいつで返り討ちにしていた。

耐久面が心許ないが、臆病サンダーの眼鏡熱風を乱数で耐えるくらいはある。

横のラティオス地震で巻き込みたくないので特性は砂の力。

 

ウインディ@いのちのたま

f:id:delicious_stick:20141119163056g:plain

意地っ張りASベース

調整:H振りサーナイトをフレドラで確定一発、最速70族抜き、残りH

 

炎枠かつ威嚇枠として採用。

ハチマキを持たせようと思ったのだが、構築に守れるポケモンが全然いなかったので珠にした。

そのせいでフレドラを打つと反動で耐久力がひどいことに。

守るを諦めて鉢巻にしたほうが良かった気がする。要改善。

 

マリルリ@オボンのみ

f:id:delicious_stick:20141119163019g:plain

意地っ張りHAぶっぱ

 

この構築の流用個体。環境に刺さってるのと、龍悪炎の一貫を消すなど全体の相性補完を図るために採用。

持ち物はラムや鉢巻など二転三転したが結局オボンに落ち着いた。

KPが高いだけあって期待を裏切らないくらいには強い。

滝登りを打ちたい場面が多いので腹太鼓を持たせる気は沸かなかった。

 

<雑感とか実績とか>

最終レート:1815

勝率:44勝17敗

 

実に微妙な戦績。最高順位は確か44位とかその辺。

悪い戦績ではないがもっと頑張れたような気がしてならない。

敗因がテラキオンの雪崩怯みとか麻痺バグとかそんな感じのばっかりだったので、もう少しいいところまで行けた可能性はある。

KP1位のサーナイトにボコボコにされることも多かったのでその辺も問題点。

今後構築の問題点を潰していけるような力をつけていきたいと感じる結果だった。